キレイな椅子

楽器の調子を整える

ピアノ

壊れたなら早めに出そう

楽器は長期にわたり使っていると、調子が悪くなることがあります。これは、楽器が商売道具であるというなら、なおさらです。というのも、メーカー専用の特殊なパーツを使用している場合は、一般の修理業者では、対応できない場合があり、そういうときは、メーカーの修理サービスに依頼するのです。その場合は、大体数週間くらいかかりますが、年末年始などで込み合っている場合などは、数ヶ月以上掛かる場合もあるのです。 壊れたと思ったら、放置せずにできるだけ早く、一般の楽器修理業者やメーカーに、修理を依頼するのが望ましいでしょう。

こうすれば費用を安くできる

楽器の修理というのは物のよって、結構な値段を取られてしまいます。少しでも費用を抑えられたらうれしいものですが、その方法はあるのでしょうか。 実は、楽器には保証書というものが付属しています。この保証書は、楽器を購入した店舗名や日付が記載されており、保証期間内であれば、無料で楽器の修理をしてくれるという、非常に便利なものなのです。もしこの保証書あれば、修理に出す前に、保証期間を確認しておきましょう。 お手持ちの楽器が、グランドピアノやヴァイオリンのような、高額なものであれば、保険を掛けることができます。これは、動産保険といって、災害や移動中に事故に遭った場合、いくらかの保険金が下りるというものです。この保険金を利用することで、楽器の修理代金を安く済ませることができます。 ただし、自分で壊してしまった場合は、保険対象範囲外になるので注意しておきましょう。

注目の記事