キレイな椅子

ピアノのメンテ

とんかち

長く使うために必要なこと

ピアノは、毎年定期的に調律師によって調律してもらうのが一番です。調律をしてもらうことで、ピアノの中のネジなどのゆるみや湿気やサビなどが出てきた場合の状態をみて必要に応じて対処してもらうことができ長く良い状態で使うには専門の人に調律をしてもらうということはとても重要なことです。 また、良い音で長く使うにはピアノを置いた場所は湿気が多くならないように上手に除湿する工夫をするのもポイントです。 それに、中には乾燥剤を入れられる調律師もありますが、湿気が多すぎると金属部分にサビも出てきますので、湿度の管理は常にできるように注意しましょう。

最近のピアノの使い方

ピアノは新品で購入するとかなり高価なものです。 ですから、少しでも安く手に入る中古ピアノは人気ですし、どれだけ使うかわからないピアノに大きなお金を使うのは勿体ないと言われる方も最近多いですが、中古でもキチンとお手入れさえしていれば長く使えるものなので、中古品を考えられる人が非常に多いですので、ピアノは使わなくなったから廃棄ではなく、使えるものであれば新しい持ち主を見つけて使ってもらうというのが最近のピアノの使い方です。 また、最近は音に敏感な人が周囲にいたり、住宅環境の関係でピアノが欲しいけど買えないという人がいますが、消音装置がついていたり、後でつけられるものもあるので、欲しい時に楽器を手にいれて自由に弾く人も増えています。

注目の記事