キレイな椅子

長く使う秘訣

修理

日本でも身近な楽器として多くの人に親しまれているのがピアノで、細かく手入れをすることによって長く使うことができます。 大切な楽器を末永く使うためには、腕の良い業者にピアノ修理を頼むことが大切です。

Read More..

楽器の調子を整える

ピアノ

楽器の修理というのは、結構な時間が掛かってしまう場合があるので、壊れたと思ったら早めに直してもらうのがいいでしょう。楽器によっては保証がついている場合もあるので、保証期間を確認しておくとよいでしょう。

Read More..

古くから利用される

スタジオ

修理にかかる金額の傾向について

ピアノ修理を行う際には2つの方法があります。ピアノ修理業者へ出張修理を依頼する方法とピアノ自体を業者へ送る方法です。一般的には修理業者へ依頼し出張修理を行ってもらうことが多くなっています。出張にかかる費用はおよそ2,000円から5,000円で業者や出張先までの距離によって金額が異なっています。 ピアノ修理の依頼で最も多い、湿気などが原因となる不具合の修理に関しては1カ所につき2,000円ほどかかり、数が多くなれば少し割安となる傾向にあるようです。 ピアノ修理で高額なのが弦の交換です。切れた弦によって価格が異なっており高音域の場合は1本4,000円程度ですが低音域の弦になると1本10,000円以上する場合もあります。

ピアノの歴史について

ピアノの歴史は、チェンバロの音が不満に感じたイタリアのクリストフォリが1709年にハンマー仕掛けで弦を打って鳴らすメカニズムを開発したことから始まります。チェンバロは音の強弱の変化に乏しいのが欠点で、ピアノはその欠点を補ったチェンバロということで「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ(弱音も跫音も出せるチェンバロ)」と名付けられました。 その後、ドイツのオルガン制作家によって新たな改良が加えられました。それまでのピアノに比べて軽快なタッチと音で人気が出てモーツァルトには特に愛されたピアノでした。 現代使われているピアノは1840年代になって開発されました。それまでのものに比べ弦は太くなり、張り方も限度まで張力を高めるためにピアノは鋳物の鉄骨を組むようになりました。

ピアノのメンテ

とんかち

ピアノはメンテナンスをきちんとすることで自分だけでなく、自分の子供や孫までというように長く使える楽器です。 定期的にプロの調律師にメンテナンスを依頼することによって綺麗な音色を維持することができます。

Read More..

注目の記事